中谷エリナ

記事一覧(5)

【コラム】選手の心が折れないチーム

「まだ試合は終わってないぞ!」「大丈夫だから!こっからいこう!!」うな垂れる仲間のユニフォームの端をギュッと掴んで半ば無理やり引き上げた。始まってすぐ先制されて、そしてまた後半で追加点。正直焦った。そしてチームの士気が一気に下がったことを肌で感じた。だけどここで折れたら終わりだ。(ダメかもしれない……)(無理かもしれない……)それでも俺はキャプテンだから。キャプテンになった時、何があってもチームを引っ張るって覚悟した。だから仲間の顔が上がるまで何度も声をかけた。何度も伝えた。すると、また一人、また一人って仲間が前を向いて走り出した。前を向く選手が増えていくとチーム全体に勢いがつき俺たちは再び活気を取り戻した。(ああ、チームってこういうもんなんだよな!)「さあ、こっからが勝負だ!」「行くぞ!!!」===今回のお話のテーマは【選手一人一人の気持ちがチームに影響する!】です。選手一人一人の想いって、チーム内にものすごい影響を与えます。人の感情は移りやすい。元気な人に会うとなんだか元気になれる。ネガティブなことばかり言う人に会うと自分の気持ちも落ちてくる。こんな経験、1度くらいはあるのではないでしょうか?チームがマイナスな状況の時、そこで終わるのか再び走り出せるのかは選手一人一人の気持ち次第としか言えません。例えば試合中、ピッチ(グラウンド)にいるのは監督でもコーチでもサポーターでもなく選手ですよね?たとえどんなに周りからの声がけがあっても、戦っている選手たちの心が声がけを力に変えられなければ状況は変わりません。逆に言ってしまえば、ピッチ内の選手の心が折れなければどんなにアウェーでも気持ちで負けることはありません。じゃぁ試合中もし、折れそうになったら?選手同士の声掛けが1番、チーム全体に響きます。何より状況を共にしている仲間ですからね!私はピッチ内にそういう心の強さを持って周りを引っ張ることができる選手がいた方が良いと思っています。現日本代表で言えば長谷部誠選手みたいな選手。長谷部選手がここ数年不動のキャプテンと言われているのは何があっても組織を引っ張れる心の強さがあるからだと思います。『何があっても諦めない』選手全員がこの心を忘れないで一人一人がチームを引っ張て欲しいです!~まとめ~・チームの士気は選手同士の気持ち次第!・ピッチ内の選手で声を掛け合う・1人でも組織を奮い立たせられる選手がいるチームは心が折れないスポーツメンタルコーチ中谷エリナ